スピリチュアルケア

青木せい子が行うスピリチュアルケアについての説明ページです。

● 分離と統合のエネルギーに立って寄り添う

二人の人間が寄り添うことによって起きる癒しと進化を目的にスピリチュアルケアを行なっています。

 

私、青木せい子は、寄り添うということができるのは、一人一人が健全な境界線の中に守られて存在することが大切かと考えています。

 

別々に守られた安心感の中で、双方が寄り添うと、そこには、無知の世界の存在を認めることが必要になります。

 

相手の世界の中に、私も相手の意識にも上っていない知らない部分があることを認め、その部分に互いで寄り添うことを意図する時、

 

そこに癒し、気づき、進化のプロセスが起こります。

● 寄り添いの意図とは?

「寄り添うことを意図する」には、決して明確な言葉での意図だけではなく、

 

自然とその流れに入るまでの時間の流れも当然必要となります。

 

それは、相手へ全体を開くまでの時間です。

 

私は、瞬時にその状態へと自分をシフトさせることを人生で学んできました。

 

ですから、その状態で向かい合う姿勢で始めていきますが、あなたが、ハートを開くことができるように同じ時空の中で立ち、静かにお待ちします。

● 癒しとは進化とは?

準備中。