· 

分かれて ふたつ (画像:過去ライトランゲージアートより)

こんにちは。メテース在住の青木せい子です。

今日のブログは、過去に描いたライトランゲージアートから。

(ライトランゲージとは)


過去に感じたこととは違うかもしれませんし、同じかもしれませんが、今感じていることを書きましょうね。
ライトランゲージアート トランスミッション with 青木せい子
ライトランゲージアート トランスミッション with 青木せい子

分かれて ふたつ

右も左もない


上も下もない


宇宙に存在しない


その場所で



ひとつが


ふたつに分かれることを


決めました






その瞬間に


ふたつは煌めき



存在自体が光になりました





分かれる瞬間の


その煌めきの中



ふたつの光は


どちらともなく


伝え合い


約束しました





反対の方向に


できるだけ遠くまで


すすもう





同じ光をもって


できるだけ遠くへ





そうして


たどり着いた場所で



光を


拡大するんだよ





遠ければ遠いほど



さびしくて


戻りたければ戻りたいほど



光は


どんどん


大きくなるんだよ





二人が進んで


広がったぶんだけ



時空が大きくできあがるんだ





そうしてできた時空の



その真ん中を


定めにいくんだよ





真ん中を見つけたとき



そこからは


別の種類の光が


生まれるんだ





それは、次の次元の光だよ





ふたつの次の


みっつめの光





ぐーんと上へ伸びるんだ


ひろいひろい眺めが



そこから生まれるんだよ






そうやって


ふたつの光は



次元の創造を


この世界の創造をはじめたのでした



時間という流れの中で







ふたつの光は、いつ、ひとつになれるのでしょう?

分かれたままだと思いますか?



私は、ひとつも、ふたつも、みっつも、

ある場所から眺めると、常に同時に存在しているのだと思うのですよ。


すべてが、ひとつでありながら、分離した個でもあると。


また、

分離しつつ、ひとつとなる方向へ、この世界は動いているのだと思うのですよ。


切なくて、でも、あるところでは満たされる必要もない完全なひとつであれば、寂しくもなく。


この世界は、ただ、壮大な自己を知る、美しい手段として存在しているのだと思うのですよ。



愛の中で
青木せい子